首刈り村殺人事件

マーダーミステリー
5人用シナリオ
GM不要

¥3,000 (税込)
数量
1

こちらの商品はBASEでの購入となります

この商品について問い合わせる

プロローグ

昭和五十年代。大分県。九州とはいえ、冬は雪に閉ざされてしまうような山奥、某地区にある目刈村(メンカルムラ)が舞台。

この村には宗教団体「天の軸棒教」の本拠地があり、村民は全員が信者であった。一説には戦国時代以前から続く教団で、大分県を中心に日本全国に信者を持つ宗教団体であった。一般社会といい関係を築いてはいたが、裏ではカルト団体と称されるようなことも行っていた。

ある朝。次期教主である長男と、彼を訪ねてきた来訪者が姿を消した。

あちこち探してみたが痕跡はなく、二人でこっそりと村を抜け出したようにしか思えなかった。困った次男と三男はそれぞれ助っ人を呼び、捜索をすることにした。

数日後、霊能力者、民俗学者、小説家が教団の本堂に集った。その日も雪がふるような寒い日だった。

次男、三男も加わっての捜索のさなか、首のない死体が教主の部屋に現れた。

プレイ人数

5名(GM不在でもプレイ可能)

プレイ時間

約3時間

クレジット

デザイン:ルーシー・ラブグッドウィル

関係団体・企業:ボードゲームカフェJOGO

        ボドゲ制作部in大分「大分から来ました。」

〇ロールプレイ重視の作品

〇少人数シナリオ